ロゴ
HOME>口コミ>フローリングにワックスをかけるときの注意点を知っていこう

フローリングにワックスをかけるときの注意点を知っていこう

室内

フローリングのワックスがけを自分でしようか、業者に依頼しようか迷っている人は口コミを見ておきましょう。どっちが良い判断だったのか、すぐにわかるはずです。仕上がりには大きな差が出てくることは言うまでもありませんね。

みんなの声

床のワックスがけはプロに任せた方が安心です(40代|男性)

新築、賃貸に関わらず、最初の内はフローリングにワックスがかかっていので、艶が出ていて綺麗です。でも、経年によってフローリングに艶が無くなるので、手間がかかるものの、ワックスがけが必要になります。自分の場合、ムラになる失敗をして以降は、室内工事専門の業者に任せています。部屋の印象を左右すると理解しても、床の手入れは雑になりがちで、プロに相談するのが安心できます。自己流の塗り重ねに注意が必要で、古いワックスを剥離剤で除去する際に、かえって傷つけてしまったこともあります。プロに任せるようになってからは、仕上がりに大満足です。広い部屋なら作業も大変ですし、家具の移動など、男でもかなりの重作業ですから、楽をするためにもプロ任せがおすすめできます。

定期的に塗り直す必要があることを知っておいた方がいいですよ(30代|男性)

フローリングをワックスがけすることで、汚れや傷を防ぐことができるため、我が家でも定期的に作業しています。これまでは、賃貸マンションに住んでいたため、ワックスがけすらしたことがなく、メンテナンスがいらないものだと誤解していました。スリッパなどで歩くフローリングは、摩擦でワックスが薄くなっていくので、改善させるには、定期的に塗り直しが必要だということを知りました。常にフローリングの表面に膜を張るため、我が家では、半年に1回の塗り直し作業をしています。また、塗れば塗るだけ、ワックスの層が厚くなってくる点にも注意が必要でした。床が濁ってしまい、剥離作業を行う必要もあり、我が家では室内工事専門のプロにその作業だけは任せています。そのおかげで、今も綺麗な状態を維持できています。